やる気が出ない原因を取り除く


【PR】

■やる気の出ない原因を取り除く

叱られて落ち込んだり、
自分の実力ではとてもできないと言うようなハードルの高い仕事を与えられた時、
なかなか『何とかやり遂げてやる!』という気持ちはなりにくいものです。

どちらかと言うと、『もう辞めたい』『逃げ出したい』という
気持ちのほうが強くなる時があります。

難しい壁に直面し、後ろ向きな気持ちになって
やる気がでなくなるのであれば、
自分のスキルでできることは何か、一度冷静になって考えてみてください。

本当に必要な仕事か考える』の項でも紹介しますが、問題や課題を具体的に紙に書き出し
プライオリティ(優先順位)をつける事は、
中にはやらなくても良い仕事に気が付き、プレッシャーが軽くなる場合もありとても有効です。
・(参考)本当に必要な仕事か考える

信頼できる人に相談したり解決案を模索することも重要です。
自分のやるべきこと、やれることが見えてくれば、仕事に取り組む元気が湧いてきます。

発想の転換をする

また、発想の転換をすることも重要です。
やる気(動機づけ)は、困難性によっても弱くなっていきます

  • 達成動機が高い人
    能力・努力に原因が帰属すると考える傾向が強い。
  • 達成動機が弱い人
    困難性・偶然性に原因が帰属すると考える  傾向が強い。

難しい仕事を与えられても、
『なんで自分がやるんだ』とか『こんなのできるはずがない』と思うのではなく、
『上司が信頼しているから、チームで自分を選んで任せてくれたんだ』や
『これは、今後の自分にとって良い経験になるはずだ』と
考えることで、取り組む意欲が変わってきます。

 

Copyright(c) 仕事のやる気がぐんぐん出る モチベーションアップ集! All Rights Reserved.